バスチアン・ケブ「ユージン・ピープスの殺害」日本盤LP

バスチアン・ケブ「ユージン・ピープスの殺害」日本盤LP

定価 32.00ドル 販売

ザ・キリング・オブ・ユジーン・ピープス

GB1564OBI
日本特別仕様盤
スタンダード180g33回転盤LP、帯付き
ライナーノーツ 付き
ライナーノーツ(原雅明)、歌詞対訳、チャールズ本人によるシークレット・メッセージ 付き


A soundtrack to an imagined film...

バスティン・ケブは3枚目のアルバム『ザ・キリング・オブ・ユジーン・ピープス』を発表しました。これはGiallo、70年代の犯罪映画、フランスのニューウェーブ映画への頌歌です。ダウンビートのアンチバラード、サイケデリックなフォーク、歪んだ独り言などが盛り込まれたこの音楽は、心の中にしか存在しない映画のスコアを想像させるものです。Lucky (The Oldest Grave)"、"Rabbit Hole"、"Alligator"、そしてアルバム中盤のラップ調の "Paprika "などの曲は、映画のストーリーのように連続しており、重要な場面を思い起こさせます。ミニマル・ジャズの蛇行(「Murmurs」)、サイケデリック・ファンク(「Street Clams」)、幽玄なロマンティシズム(「All That Love In Your Heart」)など、魅力的なインストゥルメンタル・パッセージは、ムードやテーマを変えたり、つなげたりしています。

Kebは何よりもまずギタリストですが、トランペット、ベース、ドラム、ピアノ、フルートなども演奏し、多くの楽器を借りたり、寄付したり、見つけたりしています。The Killing of Eugene Peeps」に収録されている音楽は、すべてKebがライブで演奏し、録音し、エンジニアリングし、プロデュースし、ミックスしたものです。ボン・アイヴァーやジェイ・ポールの影響を感じさせるかもしれませんが、実際にはザ・インプレッションズやデルフォニックスのワイドスクリーン・ソウルの影響を受けています。ケネス・ヴィオタ、クラウディア・ケイン、カッポ、カミーユ・リモージュがアルバム全体で声のサポートをしています。

バスチャン・ケブについてのコメント

「新しいタイプのスペーシング・アウト・ジャズ・ミュージック」 - ジル・ピーターソン

「現在、ロンドンから発信されている最もエキサイティングなミュージシャンの一人」。- Dummy Mag

"Plenty of aural goodness" - The Ransom Note

"エフォートレスな魅力で互いに流れ込む彼のプロダクションには、糊のようなアナログの暖かさがある。"-The Vinyl Factory

トラックリスト

A1 メインタイトル
A2 Lucky (Oldest Grave)
A3 Rabbit Hole
A4 God Bless Your Gutters
A5 Theme For An Old Man
A6 Can't Sleep
A7 All That Love In Your Heart
A8 Young Ponies
A9 Street Clams

B1 Paprika (Featuring Cappo_)
B2 Israel Ate His Own Mind
B3 Bookie
B4 The Clerk
B5 Murmurs
B6 The Trains Don't Keep Me Up Now
B7 Lucky (Reprise)
B8 Alligator
B9 The World Creaks

Personnel

Story by S. Jones
Narration Kenneth Viota
Produced by S. Jones
Mixed by Goetz Botzenhardt / S. Jones
Mastered by Caspar Sutton-Jones / Darrel Sheinman

All songs written/arranged/performed/Recorded by S. Jones
All instruments played by S. Jones
Except:
2.作詞:Will Morrison
7.ボーカルは Claudia Kane
8.Natalia Rowley がボーカルを担当
10.ヴォーカルはPaul Adey
16.ヴォーカルはカミーユ・リモージュ、作詞はウィル・モリソン
18.バイオリン演奏:Alex Judd

表紙美術:Will Morrison
裏表紙写真:Natalia Rowley

言語
英語
ドロップダウンを開く