アナ・シルベラ「オラクル」CD

アナ・シルベラ「オラクル」CD

Regular price £12.00 Sale

Oracles

GB1548
レプリカミニLP風スリーブCD

2012年にデビューアルバム「The Aviary」をリリースして以来、シンガーソングライターのアナ・シルベラの作品は、オーディエンスや批評家からも高い評価を得ています。
彼女の独特のエフォートフォークのブランドは、SXSW、アイスランド・エアウェイブス・フェスティバル、リバプール・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団などで演奏しているほか、最近ではロイヤル・バレエのために作曲したり、イモージェン・ヒープとデュエットしたり、アーリーミュージック・コンソートのコンチェルト・カレドニアとオリジナル曲を歌ったりしています。母と兄を突然亡くした後に書かれたこのアルバムは、彼女の悲しみをカタルシスのある芸術作品に変換するためのシルヴァラの方法でした。

2011年、この曲はRECからデビューし、翌年にはラウンドハウス・メインステージでのソールドアウトコンサートの一部として演奏され、シルバーラは英国作曲家賞にノミネートされました。その後、ラウンドハウス劇場に戻り、この曲のライブレコーディングを行い、2枚目のフルアルバムを制作しました。今回のレコーディングには、ソリストのシルヴァラ、ジョセフィン・ステファンソン率いる合唱団、そしてピアニストのビル・ラウランス(Snarky Puppy)、コントラバスのジャスパー・ホイビー(Phronesis)、ドラマーのジェイコブ・スメデガード(Fiction, Du Blonde)、シムラン・シン(ヴァイオリン)、アン・ショーボー=ダヤン(チェロ)、ナオミ・モリス(パーカッション)など、豪華なゲストミュージシャンが参加しています。

喪失、愛、救い、受容への旅をテーマにした歌詞は、魅惑的に織りなすコーラスライン、メロディアスなドビュッシーのピアノの旋律、微妙にずれたパーカッション、歓喜に満ちたストリングスによって強調されています。
言語
英語
ドロップダウンを開く