Alan Wakeman - 'The Octet Broadcasts' Vinyl LP

Alan Wakeman - 'The Octet Broadcasts' Vinyl LP

通常価格 $33.00 セール

ダンシング・イン・ザ・ダーク

GB1562
発売日:2020年8月21日 

2 x 180g 33rpm gatefold vinyl LP
ライナーノーツ 付き

エーエーエー
在庫限りの販売となります。 


をご覧ください。 アルバムトレーラー!

"次世代のブリティッシュ・ジャズ" - メロディ・メイカー、1970年

"ブリティッシュ・ジャズ・アット・ベスト" - スチュアート・ニコルソン、ジャズワイズ

"バラードでこれほど深く私たちの心に触れることができる人はいないし、気分次第ではステージの温度をこれほど無謀なまでに上昇させることができる人はいない。"- マイク・ウェストブルック

"The next young generation of British jazz"は現在のロンドンのジャズ・シーンに何度も当てはまりますが、このMelody Makerの見出しは1970年にアラン・ウェイクマンと彼のバンドを表現する際にも使われました。

The Octet Broadcastsは1969年と1979年の2つのBBCセッションから構成されています。このアルバムは、Gearboxによるオリジナルのアナログ・テープから撮影され、マスタリングされたもので、ブリティッシュ・ジャズがまたひとつ盛り上がっていた時代のスナップショットを提供しています。

デューク・エリントンやチャールズ・ミンガスの影響を受け、マイク・ウェストブルックの指導を受けたウェイクマンは、ジャズが長い間脚光を浴びず、ロックが前面に出ていた時代に、ユニークで大規模なアンサンブルの作品を作曲していました。ブラスバンドや伝統的なコラールを彷彿とさせる彼の温かみのある牧歌的なジャズは、自由な即興演奏やドラマチックなモチーフが炸裂するのに適しており、ブリティッシュ・ジャズの魔法のような時代を代表するものであり、再発掘して聴くに値する。

DISC 1
ジャズワークショップ1969

A1夢
A2 フォーエバー
B1 メリーゴーラウンド

ミュージシャン
アラン・ウェイクマン:テナーサックス、クラリネット
アラン・スキッドモア:テナーサックス、フルート、2つのゴングを同時に演奏
マイク・オズボーン:アルトサックス、クラリネット、タンバリン
ポール・ラザフォード:トロンボーン、中国の小銅鑼
ポール・ニーマン:トロンボーン、中国の小銅鑼
ジョン・テイラー:ピアノ、カスタネット
リンジー・クーパー:ベース、そりの鐘
ポール・リットン:ドラム

ブライアン・プリーストリー氏が紹介
プロデュース:ロジャー・イームズ

録音:1969年11月21日(金)19時から22時30分まで、BBCエオリアン・スタジオ2で行われました。

放送 1969年12月8日(日)午前12時30分、BBCラジオ1「ジャズ・ワークショップ」にて

DISC 2
イギリスのジャズ 1979年

C1 チャールズ・フォックスの紹介
C2 チャトランガ
C3 マンハッタンバリエーション
D1 ウィーン
D2 ロバッチュ防衛
D3 キングサイドの躍進
D4 チャールズ・フォックス 結論

ミュージシャン。
アラン・ウェイクマン:テナーサックス、ソプラノサックス
アラン・スキッドモア:テナーサックス
アートのテーマ:テナーサックス
ヘンリー・ローサー:トランペット
ポール・ラザフォード:トロンボーン
ゴードン・ベック:ピアノ
クリス・ローレンス:ベース
ナイジェル・モリス:ドラム

チャールズ・フォックスが紹介
プロデューサー: ピート・リツェマ

録音:1979年5月23日水曜日の午後2時30分から6時の間にBBCメイダ・ヴェール・スタジオ5にて

1979年7月9日(月)午後11時25分からBBCラジオ3「Jazz in Britain」で放送されました。

言語
英語
ドロップダウンを開く