タビー・ヘイズ・クインテット - レコード LP (日本盤)
タビー・ヘイズ・クインテット - レコード LP (日本盤)
タビー・ヘイズ・クインテット - レコード LP (日本盤)

タビー・ヘイズ・クインテット - レコード LP (日本盤)

Regular price £25.00 Sale

モードとブルース1964年2月8日
ロニー・スコットのライブ

RSGB1013OBI
発売日:2021年3月10日

12" 180gram 33rpm LP
Mono

杉田博樹によるライナーノーツ

タビー・ヘイズ・クインテットが1964年2月8日にロニー・スコットのウィークリー・レジデンシーに出演した際に録音された「モード・アンド・ブルース」の未発表モノラル盤。ブリティッシュ・モダン・ジャズの傑作と言われているこの「モードとブルース」は、タビー・ヘイズがジャズの最先端やジョン・コルトレーンの新しい方向性から吸収した新たな音楽的フレーバーとインスピレーションを、クインテットの力の頂点に立った姿を映し出しています。

ヘイズの承認を得て、レス・トムキンスが彼のフェログラフ・テープ・レコーダーで録音したこの作品は、ヘイズの全作品の中でも最も夢中にさせられる叙事詩の一つです。ヘイズはマラソンのような息を呑むようなソロで深く掘り下げ、トランペット奏者のジミー・ドゥチャーは彼の特徴的な叙情的な即興演奏を披露し、偉大なテリー・シャノン、フレディ・ローガン、アラン・ガンリーのリズム・セクションによるダイナミックなインタープレイとドライブを聴かせている。

この公演が行われた時点では、クインテットの活動期間はわずか数ヶ月しか残っておらず、1964年8月に解散していました。モードとブルース』は、このバンドがいかに高い志を持ってブリティッシュ・モダニズムの基準を設定していたかを示す演奏であり、音楽的な記念品であると同時に文化的な記録でもあります。

トラックリスト
サイド・ワン:モードとブルース(前編) 18:04
サイド・ツー:モードとブルース(後編) 15:28

参加メンバー
タビー・ヘイズ:フルート、テナーサックス ジミー・ドゥチャー:トランペット
テリー・シャノン:ピアノ
フレディ・ローガン:コントラバス
アラン・ガンリー:ドラムス

Gearbox RecordsのDarrel SheinmanとCaspar Sutton-Jonesによるビニールマスタリングとカッティングがレス・トムキンス氏の提供でオリジナルのマスターテープから行われました。

言語
英語
ドロップダウンを開く