チアゴ・ナシフ「メンテ」CD
チアゴ・ナシフ「メンテ」CD

チアゴ・ナシフ「メンテ」CD

Regular price £13.00 Sale

メンチ
2020年7月3日発売

レプリカミニLP風スリーブCD

"新世代ブラジル人ソングライターたちを導く光" - アート・リンゼイ

 "輝かしい- スペクトラム・カルチャー

 "真の大胆さと創造性... 広く定義されたポップな領域で聴くことができる他のものとはかけ離れている。- サムシング・エルス!

 "次から次へとメロディが生まれては置き替わり、表面上は耳 障りだがそのコア は完璧な音楽でできている" アフロポップ・ワールドワイド(米ラジオ)

"彼のレコードには、サンバを奏でる痛烈で調子の狂った トン・ゼーやエルザ・ソアレスのざわめき音と彼の柔らさ が詰まっている"ロバート・クリストガウ(音楽批評家)


リオデジャネイロを拠点とするミュージシャン/作曲家/プロデューサーのチアゴ・ナシーフ のニュー・アルバム『メンチ』。

ポルトガル語で”嘘をつく”もしくは”マインド/精神”を意味する同音異義語の『メンチ』 は、前作に引き続きアート・リンゼイが共同プロデュース。ノーウェーブ、エレクトロニッ ク・ミュージック、トロピカリズモ、ジャズ、そしてロックからの影響を更に深く掘り下げて おり、アルバムのサウンドは、現代ブラジリアン・ミュージックからノイズ、ファンク・カリ オカから歪んだディストピア的ボサノヴァの間を行き来している。

また、サンパウロの女性S.S.W.ラウラ・ヴローナとネグロ・レオによるハーモニー、クラウ ディオ・ブリトによるブラジルの伝統的楽器アタバキ(ハンドドラム)とチンバウ(パーカッ
ション)、そしてヴィニシウス・カントゥアリアによるドラム、ヒカルド・ヂアス・ゴメス(ミ ニモーグ・シンセサイザー)らが参加。チアゴは今作について、「このアルバムは、音楽と反 音楽の合流点での緊張を追求し、それがアルバムの美学を際立たせている」と話している。

トラックリスト

1.Soar Estranho
2. Pele De Leopardo
3.V
óz Única Foto Sem Calçinha
4.Plástico
5.Feral Fox
6. Trepa Trepa
7. Transparante
8. Cor
9. Rijo Jórra Já
10. Santa

クレジット

Arto Lindsay - co-producer, composition (5), guitar (1, 5), vocals
Ricardo Dias Gomes - Minimoog (1), piano (2, 8, 9) clavichord (5) Korg Mono/Poly (6), Yamaha CS50 (6, 7), Rhodes (7, 9)
Jonas Sá - composition (3), ARP Odyssey (5), Korg Mono/Poly (6), Casio VL Tone (6) CR78 Drum Machine (7), 8Bitone+ (7) Minimoog (9, 10) NESynth (9, 10)
Donatinho - clavinet (6)
Marcos Campello - guitar (5, 7)
Pedro Sá - guitar (3, 7, 9, 10) composition (7, 10)
André Sztutman - composition, vocals, guitar (9)
Eduardo Manso - guitar, synth (2, 3, 4)
Bruno Di Lullo - DX100 (2, 8)
Vitor Araújo - venom synths (9)
Bartolo: modular synths (9)
Bella: hering organ, bowl, cassette tapes, noises (9, 10)
Guilherme Lírio - bass (1, 3, 7) composition (10)
Felipe Zenícola - bass (4)
Vinicius Cantuária - drums (1, 2, 4)
Claudio Brito - repique, cuíca, surdo, atabaque, timbau (3, 4) tan tan (9), conga, agogo (10)
Mario Sergio Azul - conga, caxixi, agogô (5)
Gabriela Riley - vocals (1, 9, 10)
Ana Frango Elétrico - vocals (3)
Negro Leo - vocals (4)
Laura Wrona - vocals (4)
Fernanda Zerbini - composition (3, 6, 10)
Lucas Rehnman - composition (7)

言語
英語
ドロップダウンを開く