ジョニー・グリフィン - ライヴ・アット・ロニー・スコッツ、1964 : CD(レコード)レプリカ・ゲートフォールド・スリーブ仕様
ジョニー・グリフィン - ライヴ・アット・ロニー・スコッツ、1964 : CD(レコード)レプリカ・ゲートフォールド・スリーブ仕様

ジョニー・グリフィン - ライヴ・アット・ロニー・スコッツ、1964 : CD(レコード)レプリカ・ゲートフォールド・スリーブ仕様

Regular price $16.00 Sale

 発売日2023年11月10日

ライヴ・アット・ロニー・スコッツ、1964年

RSGB1010CD

CD、レコード・レプリカ・ゲートフォールド・スリーブ仕様


 

 ** EUのお客様;ドイツからの発送となります。

 伝説のテナー・サックス "リトル・ジャイアント "ジョニー・グリフィンがロニー・スコッツ・ジャズ・クラブで演奏し、ロニーズ・ハウス・バンドのメンバー(スタン・トレーシー、マルコム・セシル、ジャッキー・ドゥーガン)がバックを務めた未発表音源がAAAレコードでリリースされる。このアルバムは、1964年にレス・トムキンスによってクラブで録音されたオリジナル・テープから直接カットされ、Gearbox Recordsにてオール・アナログ・シグナル・チェーンでマスタリングされた。スリーブには、尊敬するヴァル・ウィルマーによる写真とリチャード・ウィリアムズによるライナーノーツが掲載されている。

A1. The Girl Next Door (14:52)

B1. (バック・ホーム・アゲイン・イン)インディアナ (21:48)

C1.ブルース・イン・トゥース (15:50)

C2.テーマ (01:24)

 

ミュージシャン:

ジョニー・グリフィン - テナー・サックス
スタン・トレーシー:ピアノ
マルコム・セシル:Double Bass
Jackie Dougan - drum

録音:Les Tomkins、1964年1月8日、Ronnie Scott's Jazz Club, Gerrard Street, London

マスタリング:Caspar Sutton JonesとDarrel Sheinman、Gearbox Records

ラッカー盤:Haeco Scully lathe、Westrex RA1700シリーズアンプ、Westrex 3DIIA カッティングヘッド、Deccaバルブイコライザー、Telefunken U73B 真空管リミッター、モニター:Audio Note機器。

スリーブ・デザイン:Alan Foulkes

ⓟ&Ⓒ Gearbox Records

言語
英語
ドロップダウンを開く