バスティアン・ケブ「ユージン・ピープスの殺害」日本盤CD
バスティアン・ケブ「ユージン・ピープスの殺害」日本盤CD

バスティアン・ケブ「ユージン・ピープスの殺害」日本盤CD

Regular price £17.00 Sale

ザ・キリング・オブ・ユジーン・ピープス

GB1564CDOBI
日本特別仕様盤
公開日:2020年10月9日
日本語ライナーノーツ 付き
ライナーノーツ(原雅明)、歌詞対訳、チャールズ本人によるシークレット・メッセージ 付き

妄想映画のサウンドトラック...

バスティン・ケブが3枚目のアルバム『ザ・キリング・オブ・ユジーン・ピープス』を発表。ダウンビートな反バラード、サイケデリックなフォーク、歪んだ独り言など、その音楽は心の中にしか存在しない映画のための想像上のスコアとなっている。映画の物語のようにシークエンスされた曲は、'Lucky (The Oldest Grave)'、'Rabbit Hole'、'Alligator'、アルバム中盤のラップのタンジェント'Paprika'のように、キーとなる瞬間、セットピースの瞬間を思い起こさせます。喚起的なインストゥルメンタルのパッセージは、それらの間でムードとテーマをシフトし、リンクしています;短いミニマルジャズの蛇行('Murmurs')、サイケデリックなファンク('Street Clams')からエーテルのようなロマンティシズム('All That Love In Your Heart')まで。

ケブはトランペット、ベース、ドラム、ピアノ、フルートなどの楽器も演奏しています。『ザ・キリング・オブ・ユジーン・ピープス』で聴くことができる音楽はすべて、ケブがライブで演奏し、録音し、エンジニアリングし、プロデュースし、ミックスしたものです。彼の声を想像力豊かに重ねることで、ボン・アイヴァーやジェイ・ポールの影響を聞くことができるかもしれないが、実際にはインプレッションズやデルフォニックスのワイドスクリーン・ソウルの影響を受けていると言えるだろう。ケネス・ヴィオタ、クラウディア・ケイン、カッポ、カミーユ・リモージュがアルバム全体に声を提供している。

バスティアン・ケブについての口コミ

"新種のゆったりとしたジャズ・ミュージック" - ジル・ピーターソン

"現在ロンドンで最もエキサイティングなミュージシャンの一人"- ダミー・マグ

"たっぷりとしたオーラルの良さ" - The Ransom Note

"彼の作品には、アナログのような暖かさがあり、それらはお互いに楽な魅力を持って流れ込んでいる。"- ビニール・ファクトリー

トラックリスト

1 Main Title
2 Lucky (Oldest Grave)
3 Rabbit Hole
4 God Bless Your Gutters
5 Theme For An Old Man
6 Can't Sleep
7 All That Love In Your Heart
8 Young Ponies
9 Street Clams
10 パプリカ (Featuring Cappo)
11 Israel Ate His Own Mind
12 Bookie 
13 The Clerk
14の独り言
15 The Trains Don't Keep Me Up Now
16 Lucky (Reprise)
17 Alligator 
18 The World Creaks

クレジット

Story by S. Jones
Narration Kenneth Viota
Produced by S. Jones
Mixed by Goetz Botzenhardt / S. Jones
Mastered by Caspar Sutton-Jones / Darrel Sheinman

All songs written/arranged/performed/Recorded by S. Jones
All instruments played by S. Jones
Except:
2.作詞:Will Morrison
7.ボーカルは Claudia Kane
8.Natalia Rowley がボーカルを担当
10.ヴォーカルはPaul Adey
16.ヴォーカルはカミーユ・リモージュ、作詞はウィル・モリソン
18.バイオリン演奏:Alex Judd

表紙美術:Will Morrison
裏表紙写真:Natalia Rowley

言語
英語
ドロップダウンを開く