Jelly Cleaver - 「Forever Presence」 Vinyl EP
Jelly Cleaver - 「Forever Presence」 Vinyl EP
Jelly Cleaver - 「Forever Presence」 Vinyl EP

Jelly Cleaver - 「Forever Presence」 Vinyl EP

Regular price £17.00 Sale

フォーエヴァー・プレゼンス

GB1573
発売日:2021年11月12日
スタンダード 180g 33rpm Vinyl EP


サウス・ロンドンのギタリスト、活動家、プロデューサー、シンガー・ソングライターのジェリー・クリーヴァーが、自身のバンド”ザ・フォーエヴァー・プレゼンス”を率いたデビューEP『フォーエヴァー・プレゼンス』をリリース。 若手ジャズと即興ミュージシャンのための才能開発プログラムであるシリアス・テイク・ファイヴ出身のジェリーは、スティーヴ・リード賞の受賞経験があり、アイヴァーノヴェロ作曲家賞にもノミネートされ、今や「ロンドンのジャズ・シーンに影響を与える次世代のアーティスト」と呼ばれる存在だ。

そんな彼女のデビューEP『フォーエヴァー・プレゼンス』は、ファラオ・サンダース、アリス・コルトレーン、ダファー・ヨーゼフやムーア・マザー、エンジェル・バット・ダヴィドなどのアーティストに敬意を表しており、喪失、愛、そして宇宙についての楽曲が収録されている。 ファースト・シングル「Forever Presence: Pt. 2」は、ジェリーのユニークでプログレッシヴなスタイルを表現したバラードで、陽気なキーとギターを調和のとれたサックスとブレンドしている。愛する人の喪失に触発された、孤独で情熱的な歌詞も魅力のひとつだ。 同楽曲についてジェリーは次のように話している。「変化とは防ぐことができない、そして回避できないものであり、それは生存というものに関する事実だが、愛といった存在状態は固定されてはいない、という考え。愛は、瞬間の中に存在することはできず、それが生きる瞬間と瞬間の間に存在するもの。実際、時間と空間に固定され、瞬間の中に存在することができる存在状態というものはなく、寧ろ全てのものは流れ、常に過去と未来に関係している。この考え方に基づくと、愛には時間と空間というものがないので、私たちと永遠を共にする存在として作用するということになる。さらには、愛する人を失う時、私たちは、生と死といった単純な境界線が自分たちの現実をそこまで反映していないことに気づく。人々は死後、自分が感動を与え、一生の変化をもたらした人々の人生の中で、ずっと生き続けることが出来るのよ」

ジェリーは、「このEPは非常に自発的であり、悲しみに対処することへの応えとしての私にとっても非常にパーソナルな作品なの。今は大きな悲しみの時だと感じているわ。だからこの音楽が、どのような形であれ、一人の人に慰めや希望をもたらすことができると信じたいの」とEP全体について述べている。

モーゼス・ボイドやヌバイア・ガルシアを含む多くのロンドンのミュージシャンの足跡をたどる存在であるジェリー・クリーヴァー。エスペランサやハイエイタス・カイヨーテにも通づるものがあるこのアーティストからは目が離せない!

Tracklist

1. Forever Presence: Pt. 1
2. Forever Presence: Pt. 2
3. Prayer For Rojava
4. We Have Known Love
5. Black Line

Credits

Jelly Cleaver - composition, production, guitar, vocals, synth, percussion James Akers - saxophone
Lorenz Okello-Osengor - piano, rhodes, hammond organ
Katie Moberly - cello, electric bass
Hamish Nockles-Moore - double bass
Tash Keary - drums, percussion

All songs and lyrics written by Jelly Cleaver apart from ‘We Have Known Love’ which was written by Jelly Cleaver, Lorenz Okello-Osengo, James Akers, Tash Keary, Katie Moberly and Hamish Nockles Moore with lyrics by Jelly Cleaver.
Recorded at Henwood Studios
Studio Engineer: Joe Henwood, Jelly Cleaver
Mix Engineer: Jess Camilleri
Mastered by Caspar Sutton-Jones at Gearbox Records
Mastered using all-valve Decca equalisation and Telefunken limiters. Lacquer discs cut on a Haeco Scully lathe with Westrex RA1700 series amps, Westrex 3DIIA cutting head. Monitored on Audio Note equipment
Cover Artist: Angela Laier
Graphic design: Alan Foulkes
Photographer: Helen Amanita Murphy

言語
英語
ドロップダウンを開く